猪突猛進ハリネズミ - ライブ「アイドリッシュセブン1stLIVE Road To Infinity」感想 -IDOLiSH7編-
FC2ブログ

TOP  Category  All      Pixiv  BOOTH  Request  SKIMA 

漫画やアニメ、ゲーム、ライブなどの感想だったり、創作物の置き場だったり

最新記事
 
 
   
カテゴリ一覧
 
 
 
 
タグリスト
 
 
 

 
月別アーカイブ
 
 
 
 

ライブ「アイドリッシュセブン1stLIVE Road To Infinity」感想 -IDOLiSH7編-  

前回に引き続きナナライについてつらつら書いていきます。

今回はタイトルのごとく、IDOLiSH7にフォーカスを当てたいと思いますが、

・私は一織最推しと陸推しですので、感想に偏りがあります。
・ちょこちょこ腐女子観点の話します。

上記をあらかじめご了承ください。


 ライブ「アイドリッシュセブン1stLIVE Road To Infinity」の感想 


セトリ順に、各曲の好きなところや私的オススメポイントをあげていこうと思います。

セトリ編で書いたものはできるだけ省いていくのでところどころ軽い内容となります。

 MONSTER GENERATiON 

個人的に好きなのは、1番りっくんのソロパート「どんな景色を掴めるだろう」でみんながりっくんの方を向き、リズムをとるような振り付けをするところ。

メンバー誰もが認めるセンターって設定割とプレッシャーとか凄かったり、設定負けしちゃったりしそうだなと思っちゃうんですけど、そんなの感じさせなくて、センターはやっぱり、りっくんだと思わせてくれる賢章先生の存在感が凄いです。

それはモンジェネに限らなくて、ナナライ終わった後に、りっくん推しではない元上司でさえ、「りっくんと天にぃがセンターっての凄い分かった。2人から目が離せなかった」と言うくらいなので、推しという色眼鏡がかかった状態の評価じゃないはずです。

モンジェネではあと1つ好きなところがあって、1番と2番それぞれサビ直前のヤマさんと壮ちゃんの「(Alright! Here we go!)」。
2人でハート作るの可愛くてめちゃくちゃ好きです。

モンジェネ終わった後のトークでは各々自己紹介していくんですが、一織がナギの自己紹介中はちょっと力抜いた感じで聞いているのに対し、ナギの番が終わった瞬間、一織がりっくんの方を向いて、ピシッと立っているので、
どんだけりっくん好きやねんってなって可愛いです。

 Dancing∞BEAT!! 

もう、振り付けがくそかわいいの一言につきます。

「La la la la… forever wish」って手を振って、最後敬礼の手のひらをこちらに向けた版みたいなポーズになってみんな可愛いんですけどね。
りっくんがね!首を傾げるのがあざと可愛くてですね!ズルいったらありゃしない。

りっくんが各キャラに絡んでいくのも可愛いし、ところどころ歌ってない人達でわちゃわちゃ絡んでるのほんと仲良くて可愛い。

これだけで既に充分に思えますが、「Dancing∞BEAT!!」の本領はCメロ前の間奏から。

ヤマさんの「手拍子!」という煽りから、「いくよー」という声とともに踊りだす環。
声優とは思えないキレのあるダンスをけんぬが披露してくれます。

そして、MEZZO"誕生の最初のきっかけとも言える停電したライブでのアニメ映像とともに、交代する環と壮ちゃん。

ソロパートの「ふと隣みると 仲間がいるんだ」でIDOLiSH7のみんなを見ていくのずるい。

りっくんとの交代もアニメのままですし、まさかこの一連の流れを見れると思ってなかった会場全体が歓喜に湧くのはみどころです。

 日替わり曲 

1日目は「Joker Flag」。
みんなバラバラと散っていく中でちょこちょこ映るMEZZO"2人の距離感近くて、仲が良くて可愛いな!ってなります。

2日目は「THE FUNKY UNIVERSE」。
いい曲ですし、みんなかっこよくて可愛いですが、個人的に特筆したいことがないので割愛します。

 Perfection Gimmick 

これはぜひ1日目の円盤で見てほしいんですけど、
曲入り前に一織がアップで映るのがほんとかっこいい。
ダンスの振りも他の曲とは違ってかっこよくてちょっとえっちい感じ。
あと、割と他の曲って個々で動いてる場面が多く感じますが、パフェギミは基本的に揃って踊ってる印象を受けるので、りっくんセンター時との対比して見ると面白いです。

ゲーム内でセンターを決める時に一織の場合は「まとまった印象になるかもしれません」と自分で言ってましたが、ほんとにその通りな動きになっていて、ここも拘ってるのかなと思いました。

 RESTART POiNTER 

曲の入りがほんとにずるいのはセトリ編で書きましたが、振り付けもほんとずるい。
基本的にMVに忠実な振り付けってのもずるいんですし、1番ずるいのはラスサビ前の間奏。

一織以外のメンバーがそれぞれりっくんに抱きついたり、ハイタッチしたり、お辞儀をしあったり、声こそ出しはしませんが、「おかえり」とりっくんに言っているような流れは尊さしかないです。

既に息ができないところでりっくんに近付く私的大本命の一織ですが、特に何もせず離れようとして、りっくんがその背中に飛びつきます。

ここを(腐女子な)個人的に解釈すると、他のメンバーはりっくんに対して純粋なおかえりという気持ちを抱いてると思うのですが、一織は誰よりもりっくんがセンターに戻ることが嬉しいのと、センター交代時に彼なりに色々(具体的に書くと長過ぎるので割愛)思うところがあって、純粋におかえりって言えなかったのかなと。
りっくんと向き合った時に笑いもするので、センターに立って笑っているりっくんを見て満足したのかもしれません。
りっくんが抱きついたのは、そんな一織に対する「ありがとう」なんだろうなと思います。
笑う2人の間には2部のわだかまりはもうなくて、本当に乗り越えれたんだなと、2部のシナリオを読んでた時の感覚になりました。

リスポが終わってからのトークでも、改めてりっくんが「ただいまー!」って観客向かってに言うところや、一織が「やっぱり七瀬さんは凄いですね」って投げかけるところは、ほんと2部のあのライブの観客になれたと思っております。

元々MVの最初の間奏時にりっくんと手を叩きあったりしていくのを初めて見た時に泣きそうになった人間がね、こんな丁寧にりっくんに対するおかえりを曲中でやられて泣かないわけがないんですよ。

最初の間奏といえば、Aメロ直前のみんなが横一列に並んで手を前に出すところで、一織がちょっと手を出しにくそうにしてるあたり現実だと認識できるので好きです。

2日目リスポ後のハイタッチしていったという話も可愛いですし、指を曲げれないりっくんも可愛いです。

 Sakura Message 

これもカメラワークが狡くて、歌詞がしんどいところで程よくナギを抜いていくんですよね。
壮ちゃんのピアノも、阿部さんがピアノ弾けるとは知らなかったのでインパクトが強かったです。

あと、円盤では分かりにくいのですが、みんなが階段に座り終わった後、壮ちゃんが環の方を見て微笑むのがほんとずるい。
MEZZO"仲良し過ぎてほんと、ストーリーの最初から新章までの関係性の変化を思うと泣けてきます。

最後、ナギがみんなの中央に立つところを見ると、当時4部公開前ですらしんどかったのに、今見ても新章が辛すぎてよりしんどいです。

 GOOD NIGHT AWESOME 

さすがヤマさんセンターの曲、ネメシスの映像が流れた時の黄色歓声が凄い。
また、後から書きますが、この曲は2日目の円盤がおすすめです。

この曲でまず見てもらいたいのは観客のペンライトの色。
ここまで、パフェギミ、リスポ、サクラメなどメインのキャラがいる曲でもペンライトの色は特に統一されてないんですが、この曲だけヤマさんの緑に統一されてて綺麗です。

そして曲の最後。
ヤマさんが振り向いて口元に人差し指を当てるんですが、2日目だと口パクで「おやすみ」って言ってくれます。
これが、ほんと、ずるいので、ヤマさん推しの人はぜひ2日目見てください。

 MEMORiES MELODiES 

サビのところでMVと同じように手を横に振るのは感慨深いものがありますし、他の曲に比べたらIDOLiSH7の後ろから撮った図が多くて、最後のような満員の観客達の前で歌っている彼らを見ると、ほんとに多くの人に愛される作品になったのだと感動してしまいます。

あと、1日目ラスサビの肩を組む時に、一織とりっくんが顔を合わせて笑い合うのほんと可愛いからやめてほしい。

 ナナツイロ REALiZE 

とにかくりっくんが可愛い。天使。
この曲のMVのサビの振り付けが好きなんですが、現実でも可愛かった。

Cメロの怪獣の動きする一織とりっくん可愛いし、「自然とそこにいる」で手を振り合う2人が尊すぎて家で円盤初めて見た時叫んでしまいました。
いや……当時気付いてなかったから心構えができてなかったんですよ。

余談ですが、1日目2番の身長高すぎてカメラに収まってないナギも好き。

 PARTY TIME TOGETHER 

高校生組が可愛いというか、環の後ろで環にどう絡もうかなと機をうかがってる一織が可愛い。
2日目ソロの時に首を傾げるのほんと可愛すぎるし、2番でカメラ目線の一織くそかっこいい……
推しが可愛くてかっこよくて辛い……

他にも、「スイッチを押させて」でスイッチを押す仕草をするりっくん可愛いですし、ちょこちょこカメラ目線の環がほんとかっこよい。

それぞれの数字が歌詞に入ってるところで手で数字を作ってくれるのも好きです。

 WiSH VOYAGE 

これもMVと同じように踊ってくますが、1番Aメロの振り付けがほんと好きで、可愛いです。

1日目円盤の方が分かりやすいですが、2番サビのラストりっくんのソロところで、一織のりっくんを見る視線が優しすぎて、見返す度に息が止まります。

 THANK YOU FOR YOUR EVERYTHING! 

1日目1番Aメロで一織がりっくんを止めてるような動きをしつつ仲良く歌ってて、ナギも一緒にタオル振り回してるのがほんと可愛いんですが、2番になったあたりでりっくんが反対方向に走っていくんですよね。

おそらく分かれる方向間違ったんかなとは思うんですが、一織との絡み可愛いし、反対側に追いつくときに全力でジャンプしてるりっくん可愛いしでそんな間違いさえありがたいです。

そんな1日目を見た後に2日目を見るとちゃんと右側に行ってるなってちょっとほっこりできます。

 まとめ 


iDOLiSH7の曲はどれもみんな仲良くわちゃわちゃしてて、ほんとに可愛いです。
その中でたまに挟まれるシリアスな演出がギャップが激しくて心臓に悪い。

またしても長々と書いてしまいました。
ここまでお付き合いいただき本当にありがとうございます。

次は1回プレテンの話を挟んだ後、TRIGGER編を書いていきたいと思いますので、また覗いてみてくださいませ。


関連記事
コメント















 管理者にだけ表示を許可する