猪突猛進ハリネズミ - ライブ「アイドリッシュセブン1stLIVE Road To Infinity」感想 -セトリ編-
FC2ブログ

TOP  Category  All      Pixiv  BOOTH  Request  SKIMA 

漫画やアニメ、ゲーム、ライブなどの感想だったり、創作物の置き場だったり

最新記事
 
 
   
カテゴリ一覧
 
 
 
 
タグリスト
 
 
 

 
月別アーカイブ
 
 
 
 

ライブ「アイドリッシュセブン1stLIVE Road To Infinity」感想 -セトリ編- 

5月18日に元職場の人とナナライ鑑賞会してきました。

いやー、ナナライはいいぞー。
作品に対する愛がキャストや演出、観客全てから伝わってくる素敵なライブだと改めて思いました。


 ライブ「アイドリッシュセブン1stLIVE Road To Infinity」の感想 


本当は今回記事として書くつもりはなかったんですが、久しぶりに見返して色々思うことがあったので、当時のことも振り返りつつまとめてみます。

かなり長くなってしまったので、今回はセトリ編です。
その他の記事ついてはこちらをご確認ください。

私は1日目はライビュ、2日目は現地参加でした。

1日目は現地じゃなくてちょっと落ち込んでいた私でしたが、ライビュ会場でも、アイナナの初めてのライブに対する周囲のファンの期待が感じられたことを覚えてます。

それは円盤の映像でも感じとれて、メンバーの画像が流れて名前を呼ぶ度に高まっていく期待は、何度見ても初めてライブを観るような感覚に戻してくれます。

あと、ファンのキャラを呼ぶ声が揃ってなくて、1stライブならではの戸惑いが感じれて良いですね。

特にがっくんと龍ちゃん。
おそらく「八乙女」と「楽」、「十」と「龍ちゃん」「龍之介」あたりで分かれてそうなんですけど、2ndライブで1stライブより統一されるのか楽しみです。

 IDOLiSH7の誕生 

そして、鼓動の音とともに登場するIDOLiSH7のメンバー、流れだすモンジェネ。
この演出の流れはIDOLiSH7というアイドルが誕生したことを表しているのかなと思っています。

また、モンジェネから始まるこのライブは、全曲を通して、今までの彼らの物語がなぞられていく構成になっているように思っているんですが、セトリや演出など全てに制作陣の愛を感じます。

1曲目のモンジェネを例であげますが、センターモニターにはモンジェネを踊っているアニメのシーンが再生され、キャスト達はアニメと同じようなダンスを踊る演出。
2次元と3次元がぴったり重なって、IDOLiSH7は実在するんだと思わせてくれました。

それはトークでも同じで、キャストのみなさんキャラを意識した言葉や仕草をしてくれていて、イメージを壊さない配慮を感じましたし、キャラがそこにいるのだと、自然に思えました。

そして、IDOLiSH7だけではなく、TRIGGERやRe:valeも同様に演者として舞台上に立っているのではなく、キャラとして立っていてくれているのが凄く嬉しかったです。

また、キャラとして立っていてくれていると書きはしましたが、各々が自己紹介する時など、たまに自分として話して、笑ったりするのも見れるので、
声優さんが好きで見る人としても楽しめました。

それぞれの演出などに関して触れ出すと1曲ごとに書きたい素晴らしい点があるのですが、円盤に限って言うとカメラワークは1日目の方が全体的に神がかってます。
2日目の方は1日目よりステージ全体が映っていることが多く、アップでほしいところが引きで撮られているな……ってことをちょっとですが思いました。
とりあえず1日目の「Heavenly Visitor」の1番サビ前は1番神がかってるカメラワークだと思ってるのでみんなに見てもらいたい。

そして、セトリにも愛を感じると先程も書いたのですが、アイドリッシュセブンという作品の物語をなぞる曲順になっているのが凄い。

アイナナの始まりの曲である「MONSTER GENERATiON」から始まり、1部時系列の曲である「Dancing∞BEAT!! 」、「Joker Flag」(2日目は「THE FUNKY UNIVERSE」)をやった後に、2部の最初の曲「Perfection Gimmick」でIDOLiSH7の最初の出番が終わる。

上記4曲は1部〜2部前半のIDOLiSH7が人気を確立できてない新人時代の曲となっており、バックダンサーなど特別な演出はないのが売り出したてのアイドルであることを表されてます。

また、後で触れますが、パフェギミで終わったのは次の出番への布石になってるんだと私は思います。

 デビュー時のTRIGGER 

そして次のTRIGGERはデビュー曲「DIAMOND FUSION」から始まり、「SECRET NIGHT」(2日目は「DESTINY」)、「Last Dimension~引き金をひくのは誰だ~ 」と、こちらも1部〜2部の曲(DESTINYはアルバム曲なのでちょっと違いますが)ですが、デビュー曲から既にバックダンサーがいたり、ステージが上下したりと、IDOLiSH7よりも豪華に感じる演出となっています。

これらの演出により、彼らのデビュー時から八乙女事務所がどれだけ力を入れてたのか、1部の時点で凄かったTRIGGERの人気具合が伺えます。

そしてこちらもラスディメで終わるのは次の出番に対する布石になってると思います。

 MEZZO"のデビュー 

TRIGGERが終わったら次はRe:vale……と思いきや、次はMEZZO"。
当時は驚きましたが、改めて見ているとこの順番はアイナナに出てきたグループの登場順になってるんだと気付きました。
グループの登場順まで拘るスタッフ陣ほんとずるい。

歌ったのはアニメで特殊エンディングにもなった「雨」と「恋のかけら」(2日目は「Dear Butterfly」)。

MEZZO"は観客のペンライトの色含めて本当に演出が綺麗で、何より2曲目に移る時の壮ちゃんの言い回しがずるい。
(詳しくは別記事に書きますが)

また、切ない曲から明るめの曲への構成となってますが、不本意なMEZZO"としてのデビューだったけど、今は2人にとってIDOLiSH7と同じくらい大事な存在になっていることを表しているんじゃないかととれます。

MEZZO"としての出番はここだけですが、IDOLiSH7として歌ってる時も割と近くにいることが多いので、互いに大事な相方になったんだなと感慨深いです。

 圧巻のRe:vale 

そして満を持してRe:valeの登場。「SILVER SKY」と「Dis one. 」の2曲を披露してくれました。

年齢のこともあり、踊ってくれないかな?と思っていたのですが、そんなこと全然関係ありませんでした。

他のグループよりは控えめのダンスではありますが、その辺りはバックダンサーが盛大にカバーしてくれて、Dis one. では炎が吹き出されるなど、さすがトップアイドル。充分なパフォーマンスで観客を魅せてくれます。

Re:valeの出番が終わると全出演者が揃い、トークコーナー。

 待望のシャッフルユニット 

次は誰が歌うのか期待していると、まさかのシャッフルユニット。
してくれたら嬉しいとは思いつつ、してくれるとは思ってなかったので、当時悲鳴が漏れた記憶があります。
しかも、私の推しである一織、陸、天の3人から。心の準備が出来なくて死んでしまうかと真剣に思いました。

「フレフレ!青春賛歌」、「LOVE&GAME」、「男子タルモノ!~MATSURI~ 」の3曲とも素晴らしいパフォーマンスで終わり(特に男子タルモノが激しいのでめっちゃペンライトを振ることもあり)、ちょっとしたやり切った感に満たされているとモニターに流れだす特殊な映像。これがまたずるい。

ゲーム内の台詞を抜き出して1部の流れをやった後に、同じように流れだす2部のセンター交代の話。
賢章先生の泣きだしそうな声の演技ほんと好きなんですけど、それに比例して辛くてしんどくて。
ゲームで何回見ても泣きそうになるシーンをライブ中に流されたら泣いてしまいましたよ。

 1つ成長したIDOLiSH7 

Re:valeやTRIGGERに支えられてセンター交代を乗り越えて、良かった良かったって思ってたら流れだす「RESTART POiNTER」のMVと、同じようにステージに立つIDOLiSH7のメンバー。
MVとリンクしてスポットライトが当たった辺りで、感動して、鳥肌たって、涙が溢れました。
正直1日目ライビュじゃなかったら涙でMV通りに一織が振り向いてくれたの気付けなかったと思います。
当時はそんな感じでいっぱいいっぱいだったので全然気付かなかったんですが、今振り返ると1回目の登場がパフェギミで終わってたのって、リスポで再登場するためだったのではないかと思います。
もう、ほんと、流れが綺麗過ぎるよ!ナナライスタッフ!ほんと好き!ありがとう!
リスポについては他にもほんと言いたいことがあるんですが、またIDLiSH7編で。

そんな再登場に相応しい曲で表れたIDOLiSH7は「Sakura Message」と「GOOD NIGHT AWESOME」を歌います。

Sakura Messageは3部最初に解放されますし、IDOLiSH7の今後にキーとなる曲ですので、リスポの次にこれ以上相応しい曲はないと思います。

その後のGOOD NIGHT AWESOMEは3部ではなく、1部の曲だなーと思ってたんですが、3部の大和さんに関する事柄を表しているのかと後から気付きました。芸がほんと細かい……。

 ぶつかり合い、支え合うRe:vale 

そしてゲーム内で3部の大和さんのことが落ち着いたら何があるって、
Re:valeの過去話なんですよね。

ということでRe:vale先輩再登場です。
ほんと登場順拘りすぎじゃないか??さっきからスタッフに対して好きとしか言えない。

「NO DOUBT」と「奇跡」(2日目は「太陽のEsperanza」)もこれまたかっこよくて、奇跡は私がRe:valeで1番好きな曲だし、NO DOUBTはMVがある曲なだけあって一層演出に拘りを感じれました。

 復活のTRIGGER 

Re:valeの過去が終わると3部で1番しんどいと思われるTRIGGERの失脚が起きます。

はい、ライブでもTRIGGERの再登場します。そして流れるのは失脚後、初めて路上ライブで行った時の曲「DAYBREAK INTERLUDE」。

IDOLiSH7のリスポと同じく、再登場にこれ以上相応しい曲はないと言えるような曲での登場だし、振り返って見ると1回目の登場が失脚前の曲であるラスディメで終わってたのもずるい。
あと、2日目に関して言えば、この曲の直前がTRIGGERがバックダンサーとして踊る太陽のEsperanzaなのほんとにほんとにずるい。

その後の「Heavenly Visitor 」「Leopard Eyes」もほんとえっちぃくて、かっこよくて、これ見てTRIGGERに落ちない人いんのかよってくらい完璧なパフォーマンスはさすがとしか言いようがなかったです。

 ブラホワ再現からのIDOLiSH7再登場 

そしてレオパで1部に時系列が戻ったなぁと思ってたら再登場したIDOLiSH7が「MEMORiES MELODiES」を歌うんですよ。

レオパの後にメモメロってここに来てブラホワの再現すんのほんと止めてほしい。最初泣きそうになりました。

メモメロは真ん中のステージだけで動いてたIDOLiSH7のメンバー達は、
「ナナツイロ REALiZE」、「PARTY TIME TOGETHER」とステージを広々と使っていきます。
この辺りからゴンドラとか使いはじめ、最後の曲である「WiSH VOYAGE」では飛行機の風船が登場します。

この流れを元上司さんが「IDOLiSH7がやっと売れた!」と言っていて、
それを聞いてから私も新しめの曲はメモメロの頃よりもずっと成長していて、トップアイドルとして人気を確立できたんだって対比してるんだなと思うようになりました。

そしてWiSH VOYAGEの最後、7人は空を飛ぶ飛行機に指をさすのですが、
飛行機にはライブタイトルである「Road To Infinity」の文字。

12人の道はまだまだ続いていて、彼らは無限に成長していくんだと思わせてくれる最後で終わります。

 アンコール 

が、ライブ自体はまだ終わりません。
アンコール曲一発目はファンに対する感謝の気持ちが伝わってくる「THANK YOU FOR YOUR EVERYTHING」。

IDOLiSH7のメンバーと一緒にタオルを振り回すのは楽しくて、互いに感謝し合ってるのも分かるので、アイドリッシュセブンって本当に素敵な作品だと思えます。

そしてIDOLiSH7にTRIGGERが加わったアンコール2曲目は絶対にやってくれると確信してた「NATSU☆しようぜ!」。

途中でRe:valeも参加しますが、これがまた可愛い。個人的に保志さんがてこてこ歩きながら水鉄砲打ってるのがツボです。

そして12人揃ったところで、アンコールも最後となります。
歌うのは「Welcome, Future World!!! 」。

PS Vita用ソフト「アイドリッシュセブン Twelve Fantasia」で始めて出た楽曲で、Twelve Fantasia Tourの最終公演のアンコールで初めて12人全員で歌った曲をもってくるあたり、最後の最後までセトリに拘りを感じます。

 まとめ 


ちょっとセトリについて書くつもりだけだったのに、考えれば考えるほど1曲1曲の順番が拘りぬかれてて、思ってた以上の長さになってしまいました。

まだまだ書きたいことはいっぱいあるんですが、今回はこれで終わりにします。
ここまで長々とお付き合いいただき、本当にありがとうございました。


関連記事
コメント















 管理者にだけ表示を許可する